10代でインプラント

インプラント治療について

10代後半のインプラント治療

10代後半などの若い時にインプラント治療が必要になる例があります。大きな虫歯を治療せず歯を失ってしまったり、事故、或いは先天的に永久歯が生えてこなかったという例です。歯がない状態を続けていると見た目だけではなく歯並びも悪くなり咬み合わせもうまくいかなくなるので体全体の健康にも影響してきます。失った歯を補うためには、ブリッジや部分入れ歯などの方法もあります。しかし健康な歯を削る必要があったり、周りの健康的な歯を傷つける可能性もあります。その点インプラントは周りの歯を傷つけることなく、失った歯を補うことができます。

矯正の技術も日に日に進歩

インプラントは抜けた歯を治療することが主な目的ではありますが、最近は歯を矯正するということもできるのです。今までは矯正をするために抜歯をしなければならないなど、大掛かりな治療方法で、その期間もとても長いものでした。しかし最近は歯並びを矯正するために小さなインプラントをつかって治療するという方法があります。この方法であれば治療期間も短く抜歯の必要も無くなるのです。年齢が若い10代などこれまでは歯と歯に金具を取り付けて引っ張り合うような複雑な治療方法でしたが、そのような物を取り付ける必要もなく短期間で矯正できるのです。

↑PAGE TOP